ウーマン

過去の成功事例を活用

IT

利益貢献に活用

今ソフトウェアの進化は劇的に変化しつつあります。顧客サービスに対してAIなどを取り込むことは日常的になっています。質問への適切な回答などはオペレーターの力を借りずに機械が自動的に判断するように変化しているのです。しかしこれは対顧客だけではなく、営業支援システムなどにも導入することができます。今までの営業データを活用して今後の営業アプローチの方法を自動的に提案することができるシステムです。かつての営業支援システムは、営業活動の記録などを中心に行うソフトが多かったのですが、さらにその先を行くシステムとして注目を集めています。AIを組み込んだ営業支援システムは、営業活動に自信がない人や不得意と感じている人に対しても使いやすくなっています。もちろん提案スキルやコミュニケーション能力などは必要になりますが、営業活動の経験やスキルなどを要しなくても相手の望む提案を事前に知ることができるようになります。過去の成功事例を上手に活用することで会社全体の利益貢献にもなるのです。営業支援システムを導入するにはコストがかかります。しかし適切な提案活動により収益を拡大することができるのであれば、投資回収も短期間で行う事ができるようになります。今までの案件管理などに活用するだけでは、ただの情報記録装置として利用されるだけなのです。これからの時代過去の事例を上手に未来の成功につなげることが大事なポイントなのです。