ウーマン

最近ではクラウド型が人気

男女

会社などで電話機を複数置いている場合には、電話交換機(PBX)を利用していますよね。新規の際にはリース契約で利用し始めるケースが多く、費用負担を実感することも少ないのです。PBXは保守契約をつけることも多いですが、保守契約が切れていると障害が起きても対応してもらえなかったり、消耗品なので時期が来ると交換の必要がありますが、高価なためほとんどは故障が出てから慌てて交換する形が多いです。故障を機に交換となる時には早急に設置が必要となるため色々な製品を比較検討している時間もなく、新製品をリースで契約している時間もないため、優良な中古品の中から適した製品を比較して選ぶ形が多かったのですが、最近はクラウド型のPBXが出ていてクラウド型も比較対象に含めるケースが多いです。クラウド型のPBXの良い点としては、初期費用がかからないかかかってもずいぶん安いことが一番に挙げられます。突然の故障で急な出費となる場合には、やはり費用を抑えておきたいと考えるのは自然なことといえます。物理的なPBXをおかずにクラウド型で対応するメリットは置き場所が不要ということ、また物理的にPBXを置かないことは煩わしい機器の不具合や故障から開放されます。物理的なPBXを設置することと比較して柔軟性が高いことも支持を拡大している理由になります。事業規模を拡大していく発展の過程では電話機の台数を増やす必要が生じた場合に機器の交換をせず、サーバーで設定を変更するだけで対応できるのも魅力です。固定電話を用意せず、従業員に貸与するスマートフォンにアプリをいれて会社の固定電話の番号からの発信にすることも可能です。