ウーマン

経営戦略の重要ツール

会社員

有効活用して業績向上を

有効な経営戦略を打ち立てることが、企業ではいま大きなテーマとなっています。そんな経営戦略の策定に大きな役割を果たしているのが顧客管理です。顧客管理とは顧客の情報を管理して顧客の購買動向などを分析することによって顧客との繋がりを高めていくとともに、新たな顧客を開拓するためのツールです。企業にとって顧客との繋がりは企業の存続を左右する重要な要素と言っても過言ではありません。顧客と長い付き合いをしていくためにも、また新しい顧客を開拓していくためにも顧客管理は企業にとって大切なツールと言えます。顧客管理で扱う情報としては顧客の属性、購買履歴、支払状況、返品状況、営業担当者といったものが挙げられます。これらのデータを蓄積して分析していくことで利益を高めていくとともに、ひいては企業の経営戦略にも役立てていきます。顧客管理の活用法としては、経営戦略への活用のほか情報の共有化が挙げられます。顧客の情報を社内で共有することで、顧客からの問い合わせがあった場合でも迅速に対応することが出来ます。またフォローアップ体制にも活用されます。販売後の顧客に対して販売商品の有益な情報などを定期的に発信することで顧客との信頼関係を築くことが出来ます。さらに営業担当者への意識付けにも有効活用されます。顧客管理に蓄積されたデータを営業担当者へフィードバックさせることで、適切な営業活動へのマインドが働くこととなります。