男の人

名刺を簡単に管理する

スーツ姿の人達

名刺のデジタル化

ビジネスマン、特に営業職ですと毎日たくさん名刺をもらうため、名刺管理をきちんと行わないと、必要なときに必要な名刺情報が探し出せなくなってしまいます。一番簡単な名刺管理の方法は、名刺の現物をファイルで保管することです。会社別や氏名のあいうえお順別などでファイリングすれば、必要な名刺が見つけやすくなります。しかし、紙媒体だとどんどん量が増えていき、やがて保管場所に困るようになります。また、役職や部署名が変わり新しい名刺をもらった場合は差し替える必要があります。そのため、定期的に不要な名刺を破棄して行かなければなりません。忙しいビジネスマンにとって、こういった名刺管理の手間はできるだけ削減したい部分です。そこでおすすめなのが、名刺管理サービスを使う方法です。多くの名刺管理サービスは無料で、もらった名刺をスマートフォンやタブレットで撮影しサイトに上げると、名刺管理サービスのスタッフが情報をシステム上に入力してくれます。登録された情報は、WEB上から閲覧できます。こうすれば紙媒体の名刺は破棄できるので、保管スペースの削減になります。また、相手も同じ名刺管理サービスを使っている場合、相手の登録情報が更新されると、自分の持っている相手の名刺情報も自動で更新されます。そのため、常に相手の最新の名刺情報を閲覧することができます。名刺を探すときも、WEB上でキーワード検索をかけられるので、素早く情報にアクセスできます。

経営戦略の重要ツール

会社員

有効な経営戦略を構築することが、企業内では重要なテーマとなっています。中でも注目されているのが顧客管理です。顧客管理は顧客の情報を管理、分析することで売上を高めていくツールです。顧客管理は経営戦略のほか、情報の共有化による対応な迅速やフォローアップ体制などにも活用されています。

最近ではクラウド型が人気

男女

置き場所も不要で初期費用もゼロかかかっても低価格となり、クラウド型のPBXが支持を拡大しています。従来のPBXと比較して柔軟性の高さ、機能性の高さが人気の理由です。固定電話機を用意する必要もなく、スマホにアプリをいれて固定電話からの発信とすることが可能となり、故障や保守契約切れから開放されます。

過去の成功事例を活用

IT

営業支援システムをすでに導入している会社は多数あります。しかし営業履歴などを記録しておくだけのシステムになっている可能性が高いのが現状です。今後は、過去の営業記録から成功事例を上手に活用する仕組みが大事になります。